• 建設会社を選ぶポイント

    • 家を建築するときには、設計が出来上がったあとに建設会社に実際の施工を依頼することになりますが、このときにいくつかのポイントがあります。
      また、気に入った建設会社を探すときには、設計の建築士の紹介や知人、近所の気に入った家や雑誌などで紹介されている家を建築した会社を訪問するなどの方法があります。
      気に入った建設会社を見つけても、そこが本当によい会社かはわかりません。


      選ぶポイントには、適正な見積もり内容、営業マンや技術士の対応、会社の歴史や雰囲気、経営状態、これまでの施工の実績、施工したあとのアフターケアなどがあります。


      適正な見積もりとは、会社を選ぶときにはとても重要です。

      例えば、見積もりの金額が最も安いからといって良いとは限らず、実際の仕事は悪くて後から手直しをすることになることもあります。


      見積り書に記載されている単価や合計、仮設費や経費などが、実際に建築する家に対して適正かどうかで判断します。

      また、記載されている項目が重複したり脱落、単価の間違いや数量などの記入ミスが多いところも信頼が出来ません。次に、対応している営業マンや技術士の対応も大切です。家を建築すると工事のあとも付き合いが続きますから、口先だけいいことだけを述べる担当者ではなく、注文したときでもすぐに対応してくれる人物でないといけません。

      会社の歴史や雰囲気は、工務店などの中には老舗や出来てから間もないものもあります。


      依頼してから会社が倒産するなどのトラブルを避けるためにも、契約する前に会社に直接訪問した方がよいです。

      そこで、社員や会社の雰囲気を確かめて経営状況が安定しているかも調べておきましょう。
      新築を建築するために、建設会社を選んだあとは工事の契約を結びます。


      契約書は、あとからトラブルになったときに立証をするためで普通は建設会社が作成し、工事期間や工事代金支払い方法、工事の範囲などが記載されています。

      また、工事請負契約約款、設計図面、仕様書、見積書なども添付されます。


      工事請負契約約款は、通常は建築関連4団体で作成したものが使用されています。


      工事範囲に関しての契約内容が記されていて、トラブルがあった場合はこの契約書をもとに都道府県の建設工事紛争審査会の審判を仰ぎます。

      建設会社との契約時の工事期間は、入居したい日から逆算し着工日、工事完了日、引き渡し日を決めて、木造の50坪ぐらいだと4ヶ月から6ヶ月ぐらいです。


      代金の支払い方法には、契約時の3分の1、上棟時3分の1、竣工時に3分の1、契約時に4分の1、中間時4分の1、竣工時に4分の1が多いです。
      引き渡しが遅れた場合のために、違約金などの取り決めをしておきます。

      大体、遅れた工事日数について請負代金の1000分の1が殆どです。

      引き渡しの後に欠陥があったときには、法律で主要構造部分は10年で、それ以外は5年です。

      契約するときには、施工会社と建築主とが結びますが、設計事務所も関係しているときは設計管理者の立会のもので調印します。工事契約を2通作って、建築主と施工会社が捺印して保管します。

      また、印鑑は建築主は実印、施工会社は社印と代表取締役印で捺印し、契約書には印紙を貼ります。

      アルミサッシの窓の特徴を紹介するサイトです。

      こだわるなら浜松で空室対策の情報を公開しています。

      東京で貸し工場情報をまとめてチェックしよう。

      オリジナリティに富む会議室の研修情報を集めたサイトです。

      千葉の貸し倉庫の様々な情報を掲載しています。

      http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/j52/0357.jsp

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106159106



  • 関連リンク

    • 建設会社は日本経済の発展を支えてきました

      産業としての建設業は、本来は、その時代や地域に必要な社会基盤を整備し、それを適切に維持管理し、何十年後といった将来の社会を支えていく、というのが役割であるべきです。ただ、歴史を振り返ってみると、必ずしもそうとは言えない足跡をたどっている側面もあります。...

    • 激流の時代の建設会社

      大学生や高校生が就職を考えるとき、一体どの業界がこれからは伸びるのかということも考慮しながら会社を選びます。もちろん就職氷河期とも言われている時代ですのでとにかく入社できれば何でもいいという人も中にはいるでしょう。...